糖質制限って「単なるダイエット法」なのか?

素朴な疑問。

糖質制限ってただのダイエット法なんですかね。
と、思うんです、しばしば。

私のこのブログも「ダイエット」コーナーのランキングに登録してますので、まあなんなのですけど。

私の場合、なんだかいろいろな数値でヤバくて始めた糖質制限。
直接の引き金は「このままだと糖尿になる」という危機感。

血糖値を下げるには糖分摂取をやめればばよい、
という至極単純な結論に納得し始めたものなんです。
それにカロリー制限するの面倒くさそうだし、肉食べたいし(笑)。
糖質とらないだけなら大丈夫かも、って思ったんです。

でも炭水化物星人の自分の中ではコペルニクス的転換しなきゃだけど、
それでもカロリー制限や食べたいもの食べられないっていう苦痛よりはましだろ。
そう思って始めました、糖質制限。


結果的に体重が落ちてます。
おそらく大学生の頃の体重に落ち着くのかなあ、
なんてみるみる減っていくく体重の数字を眺めながら思っています。
たぶん私の場合、大学生の頃が最もバランスが良かったんだろうな。
そこに戻っているだけで、ダイエットじゃないような。

ううむ、ダイエットの定義がわからなくなってきてますが。

糖質制限の結果、血液の数値の改善が見られてます。
以前のエントリにも書きましたが中性脂肪、コレステロールの減少これには自分でも驚いています。
種々の先達の体験談には「減る」と書いてありましたが、
あそこまで劇的に減少するとは思ってもいなかったので、驚愕してます。

数値改善にともなって体重が減少しています。
体重が減少した・・・内臓脂肪が減少したから数値が改善した。
ということなのかと思います。

学生時代から増加した体重は「身体からの危険信号」。
身体からのメッセージだったのかなあ。。。。。。

なんてコトをぐるぐる考えていたら、
以前にも記しました夏目先生の記事があったんですよね。

曰く

「糖質制限はダイエット(痩身法)じゃないの。糖質に依存し糖質に支配された人生を自らの意志で否定し、糖質に依存しない人生、糖質に支配されない人生を選択することです。その結果として、痩せたり、よく眠れるようになるのです。」

大いに賛同するです。


さて私「糖質制限・低炭水化物ブログログランキング」に参加しています。
みなさまのポチッと一押しが毎日更新の励みとなっています。
これからも糖質制限の有用な情報・壮大な人体実験報告など
アップさせていただきます。
是非「応援の一押し」よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ




関連記事
是非ツイッターのフォローもお願いします。

COMMENT 0