「とかち野酵母」と富澤商店「ふすまパンミックス」を使って糖質制限パンを焼きました!

5月5日にパンを焼きました。
使用した粉は「富澤商店」さんの「ふすまパンミックス」。
昨日嫁さんが名古屋へ行った際に買ってきてくれました。

連休中は仕事がないので、よしっとばかりに早速焼くことに。

まずは準備です。
パン1

私流は「レシピ無視」(笑)

生まれて初めてパン焼いたときも、
まあなんとかなるだろテキトーに作ったら、クッキーができてしまったくらい。

この画像でも確認できますが、
粉袋には親切に作り方が書いてあるのですが
こいつをまるで無視して作ります。
国産小麦粉とイースト以外の酵母を使って
多くのパンを焼いてきましたからまあなんとかなるでしょ。

ふすまパン作りは
どこのレシピを見ても「ドライイースト使用」とあるのですが
早速これを無視。画像にある「とかち野酵母」を使用。

この画像、コップの中で酵母を起こしてるところですね。
ちょうど1~2分くらいのトコロかな。
お湯50ccと2.5グラムのお砂糖
(これは酵母のエサなので最終的に残らないと勝手に判断 (^_^;)
で目を覚ましてあげます。

バターは家にあった「エシレの無塩発酵バター」。
超高級バターです。
正月以来ずっと冷蔵庫で眠っていた品なので惜しくはないですが、
価格的には・・・しますねえ。
このバターの使用決定で
「失敗です。食べられません。」は許されなくなりました。
気合いが入ります!

温度計とHBのケースも写ってますね。
これで作っていきまっせ。

続きは後半で。
「CONTINUE READING」をポチッと押してくださいね。

是非ツイッターのフォローもお願いします。


粉は260グラムを使用。

なぜ260グラムかというと
いままでの私のパン作りレシピのままという簡単な理由。

粉に塩分があり結構しょっぱいという情報を入手していたので塩は入れず。
そして粉袋のレシピにはない「砂糖」を。
糖質制限ですので、砂糖の代わりにシュガーカットゼロを1.5グラム投入。
これもいつもの作り方でしてす。

水は最初177cc を投入。
この量は私のパンのレシピ、260グラムの粉に対する量なので、
まずはこれで様子を見ることにします。

バターは大胆に50グラム弱を投入しました。
バターの量はこの粉袋に書いてあったレシピに比例させて入れました。
それと「カロリー増量」の目的もあって、ちょっと多めに投入。

これでHBに練らせました。
ところがボソボソと大変まとまりが悪い。

したがって水を徐々に追加投入することに。
結局合計で300cc位は入れたでしょうか。
練りながら、生地の色つやを見ながら徐々に投入しました。

生地の具合が艶々になったところで
最後に全卵を一個投入。
全卵使用は私の流儀ではなく袋のレシピなのですが、
ふすまパンだとこうした方が良いのかな、なんて思っての投入です。


発酵を待ちます。
なかなか膨らみません。
やはりインスタントドライイーストではないので時間がかかるようです。
普通のパン作りでもちょっと時間かけるもんな、発酵は。

でもちょっと酵母古かったかなあ・・・なんても思いましたので
HBからケースを出して、のんびりと発酵させることにしました。


20160505135214ea3.jpg
1時間くらい余分に、ノ~~ンビリ待ってると、この通りに膨らんでくれました。
発酵の間、乾かぬように霧吹きしてましたので、水滴が見えますね。
とりあえず成功!です。

これなら大丈夫でしょう。
このケースごと、オーブンに入れて焼くことにします。

200度で20分。180度で20分。

出来上がりはこちら。
20160505135216288.jpg
まあデコボコはありますが、初めての適当レシピにしては上出来かな。

結構な大きさになりました。
20160505135213016.jpg
パンの隣は2リットルの水の容器ですので、比較してみてください。

20160506154020a11.jpg
中はこんな感じ。まあまあですね。

さて最も重要な「味」については、また後日にレポートします。


記事が「おもしろかった」「興味深かった」ら
是非「はてブ」ボタンを押して応援してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加


さて私「糖質制限・低炭水化物ブログログランキング」に参加しています。
みなさまの一押しが毎日更新の励みとなっています。
これからも糖質制限の有用な情報・壮大な人体実験報告など
アップさせていただきます。
是非「応援の一押し」よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ







関連記事

COMMENT 0