糖質制限でなぜ痩せるのか?そのメカニズムを確認しましょう その1


糖尿病に陥落するのを避けるべく
糖質制限を実行している私です。

糖尿病の元凶は高血糖。
高血糖を防げば糖尿病にはなりません。
血糖値を上げるのは「糖質」のみ。
これについてはこむずかしい理屈抜きに
見ただけで納得できると思います。
そりゃそうですよね。
食事で摂取したタンパク質や脂肪がブドウ糖に変わるわけがない。
炭水化物や糖類などだけが血糖値に影響するのです。
(この文脈では「糖新生」は考えないでくださいね)

炭水化物は糖に変わりますよね。
小学生の頃、ご飯を口に含んでよくかんで
その後ヨウ素液をかけると色が変わらない!
あっという間に糖化・・・・て実験やりませんでしたか?
アナ恐ろしや・・・

さて糖質制限、
つまり「糖質を摂取しない」という行為、
これがもたらす直接的な影響は
「血糖値を上昇させない」ことしかない。
糖質制限とは
血糖値を下げること。
そしてそれ以上でもそれ以下でもない
のです。

さてそんなわけで
糖尿病回避・治療には糖質制限というのは
自明の真理
なのですが、
では糖質制限をする、
つまり血中の血糖値を下げることによって
なぜダイエットできるでしょうか?


それにはインスリンという
ホルモンが大きく関わっているのです。

「糖質」はご存じの通り、人体のエネルギー源です。
糖質をエネルギーとして利用するためには
糖質を人体に取り込む必要があります。
その役割を担うのが「インスリン」なのです。

糖質を摂取すると血糖値が上昇します。
インスリンは人体のエネルギー源となる血糖を
全身の細胞と組織に取り込ませると同時に
血糖値を安静レベルまで下げる働きがあるのです。

ここに血糖値の二つの性格が表れています。
一つはエネルギ-源として利用できる有用なモノ。
一つは「安静レベルまで下げる必要がある」危険なモノ。
だってそうですよね。
ほっといて安全だったら、エネルギー源として利用して
余った分はほっとけばいい。
しかし「血糖値が高い」のは人体にとって危険なので
インスリンは「安静レベル」まで下げるために
エネルギー源として使えるようにする以外に
必殺技を駆使するのです。

それが「肥満」の原因となるのです。

しかし、こうしてみると
糖質ってやっかいですよね。
人体にとっては諸刃の剣。
エネルギー源にはなるけれど
身体に害は及ぼすし
太るし、糖尿病なるし。

やっぱり糖質以外に「エネルギー源」があれば
そっちの方が安全じゃないの?と思ってしまいます。
で、それが実は「ケトン体」だったりするのですが、
肥満のメカニズム、ケトン体については
長くなってしまったの、続きはまた後日に書きますね。
いろいろと書かなければならない記事(ネタ)もたまってるし(^^;)

お楽しみにお待ちください。



「糖質制限・低炭水化物ブログログランキング」に参加しています。
みなさまの一押しが毎日更新の励みとなっています。
おかげさまで20位くらいとなっています。
ありがとうございます!

今日も是非一押し、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ


関連記事
是非ツイッターのフォローもお願いします。

COMMENT 0